読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴいたあぱんしんどろうむ

はたらくってなんだろな。ぴーたーぱんによるぴーたーぱんのためのブログ。

時間選好率

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ELL86_majyonokusuridana_TP_V.jpg

みなさんは時間選好率という言葉をご存知ですか。

時間選好率が高い者は、現在の消費に対する効用が相対的に高く、貯蓄を行わない傾向があるとされています。

 

例えば「いま1万円もらう」のと「1年後に1万円貰う」ならどちらを選びますか。

多くの人は前者を選ぶと思います。

では「いま1万円もらう」のと「1年後に2万円貰う」ならどちらを選びますか。

ここで選好率の高い人は前者を選びます。

では「いま1万円もらい、1年後に1万円かえす」のと「1年後に1万円もらう」ならどちらを選びますか。

実はこの例は二つめの例と似ています。

前者を選べば、1年後には後者に比べて1万円少なくなるのです。

 

時間選好率はお金に限ったことではない

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/VV9V9A3017_TP_V.jpg

時間選好率は健康にも当てはまります。

時間選好率が高い人はいまの快楽のために喫煙、飲酒、暴食に走り、将来の健康を害する可能性が高くなる傾向にあります。

 

金銭や健康を時間選好率で捉えると人生の成功者と呼ばれる人たちにはある共通点が見出せます。

 

その共通点とは「成功者たちは時間選好率が低い」ということ。

 

成功したければ時間選好率という色めがねをはずそう

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK785_yoituburete_TP_V.jpg

現状に満足していないけど、将来の幸せのために行動するための一歩が踏み出せない。

 

これは「自分に才能や能力がなく、行動しても意味がないと思っているから一歩が踏み出せない」のではなく、「行動することによって自分が傷つくのが怖いから一歩を踏み出せない」のであるということを就活で一番最初にすべきこと①で紹介しました。

 

しかし、行動しないということは不満な気持ちに苛まれるだけでなく、成功することもありません。

ところが、行動するということは失敗して傷つくかもしれないが、成功するかもしれません。

 

行動しないことよりも行動するほうが価値があると考えることができるのになぜ、行動しないほうを選んでしまうのでしょうか。

 

これに時間選好率の考え方を当てはめてみてください。

 

もうおわかりの通り、選好率の高い人は行動して成功するかもしれないことの価値よりも行動しないで成功することを思い描くことの価値に重きを置いてしまうのです。

 

もちろん、時間選好率は高いことが悪く、低いことが良いというわけではありません。

成功の可能性と失敗のリスクを見比べた上で将来に消費することをあきらめ、いま消費することを選ぶ方が良いこともあります。

しかし、時間選好率という色めがねによって判断を見誤ることはできる限り避けたいものです。

勉強や貯金、生活習慣すべてにおいてこの時間選好率の存在を感じて、色めがねを外すことができると将来に後悔のない人生を送れるのではないしょうか。

 

時間選好率については行動経済学で詳しく扱われています。

興味のある方は書籍等で理解を深めてみるのも良いですね。

 

        ハワイ オプショナルツアー

脚やせ

 

 

ぜひ、一度あなたの時間選好率がどれくらい高いのかを考えてみてください。

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/GREEN20160902534715_TP_V1.jpg

 

  

 

就活で一番最初にすべきこと①

 自己分析をする前に

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/bizzgirl20160902081917_TP_V1.jpg

就活だ!

自己分析するぞ!

 

ちょっと待ってください。

いきなり自己分析してもそのうち燃え尽きますよ。

 

よく「早く就活を始めすぎると燃え尽きる」と言われますが、なぜでしょうか。

それは働くことの目的がはっきりしていないからです。

 

そこでまずは「人はなぜ働かなくてはならないのか」を考えていきます。

 

働くことの目的を考える

働くことの目的は「誰かに対して自分ができることをする」です。

その目的を支える意識は「自分は誰かに生かされている、そして同時に誰かを生かしている。自分はその誰かに対して何ができるのだろう」です。

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/yuka16011201IMG_5612_TP_V.jpg

 

どういうことなのか。

以下の例から考えていきましょう。

例えば、「お金を稼ぐため」「食べていくため」などが働くことの目的に挙げられます。

確かに働いてお金をもらい、食べ物を買って食べるということは生きていく術の一つです。

また、生活していく術は他にもあります。

誰かに食べさせてもらう、いわゆる「誰かの『ヒモ』」や「親のすねをかじる」といった形で生活していくという方法です。道徳的にどうかはさておき、頼る相手にそれなりの対価を与えている場合、それも一つの労働とみなすことができます。具体的には「彼氏がお金を稼いでくる代わりに彼女は彼氏を精神的に満足させる」、「親が子どもを養う代わりに子どもは親の元で安全な生活をして親を安心させる」といった状況です。

一般的な例として「妻が家事や子育てをする代わりに夫にお金を稼いできてもらう」という関係を考えてもらえればイメージしやすいのではないのでしょうか。

このように働くことは「何かをする代わりに何かを得る」といった"Give and Take"の関係で捉えることができます。

さらにこの関係を分析していくと、そこには「分業」の構造が存在していることに気がつくでしょう。

 

例えば、あなたがパンを食べているとします。

あなたが手にしたパンはどのようにして手に入れたのでしょうか。

パン屋、あるいはスーパーやコンビニで買ったのであれば、お金とパンを交換したと思います。

「パンを買うお金を支払う代わりにパンを売る」という関係です。

ここには「買うお金を支払う」という作業と「パンを売る」という作業を分担していると捉えることができるのです。

わかりにくいので、もう少し説明していきましょう。

売ったパンはどのようにして作られたのでしょうか。

パンを売る人は小売店であれば、製造元からパンを仕入れてこなければなりません。

「お金を払って仕入れたパンを売る代わりにパンを作ってもらう」という関係です。

関係はここで終わりではありません。

「お金を払って仕入れた材料でパンを作る代わりに材料を作ってもらう」関係、

「材料を作る代わりに原料を作る」関係などが考えられます。

さらにはパンを作る機械や道具にもこの関係を当てはめることができるのです。

この関係を農林水産業や製造業、建設業、加工業、小売業、運輸業、サービス業、情報通信業、金融業などに分類して説明すると、分業の間で"Give and Take"が行われているからこそ各業界でお金が流れていき、互いの業界を成り立たせていることが理解できると思います。

 

分業は業界を成り立たせているだけでなく、人間が生きていくためにも必要不可欠なものだといえるでしょう。

 

それは人ひとりがとても弱い存在だからです。

分業せずにひとりで生きていくことなどできないのです。

家を作ってくれる人がいないと寝てるあいだ身を守ることができません。

誰かが食べ物を育てないと餓死してしまいます。

誰かが着るものを織ってくれないと服を身につけられません。

 

自給自足をするのにも全くのゼロから始めることなどできないでしょう。

最初に必要な道具や材料が必要になります。

それを自分で生み出したとしても生み出すための知識や技術が必要になります。

生み出すための知識や技術を生み出したとしてもそれを生み出すだけの高度な知能と健全な身体が必要となります。

知能が発達するまで、あるいは発達した身体を手に入れるまでは誰かに育ててもらわなくてはなりません。

 

そうです。

人は生まれ落ちてから誰の手も借りずに生きてきたことなどないのです。

誰かに何かしらの仕事を任せている以上、人は分業をしていく必要があるのです。

先ほどのパンの例で言えば、パンを買っている人はパンを作る人、作る人、運ぶ人に仕事してもらっているし、もらわなくてはならない。彼らもパンを買ってもらっているし、もらわなくてはならない。

 

この分業の構造は以下のように捉えることができます。

自分は誰かに生かされていると同時に誰かを生かしている。

 

例えばあなたは今、誰の役にも立っていないと思っているとする。

しかし、生きている以上、誰かに生かされていると同時に誰かを生かしているのです。

それなのになぜ、誰の役にも立っていないと考えてしまうのでしょうか。

 

それは分業の構造を意識していないからです。

 

あなたはパンを食べるだけで誰かに生かされ、誰かを生かしているのです。

あなたは服を着るだけで、どこかに住むだけで、生きているだけで誰かを分業し、助け合っているのです。

 

この意識を持てている人は自分が誰にとっても価値のない存在だとは思いません。

生きているだけで何かしらの価値を生み出しているのですから。

 

あなたが誰の役にも立っていないと思う原因は「誰かの役に立てているか」ではないのです。

 

では原因は?

 

それはあなたが傷つくことを恐れているから。

 

あなたは誰かの役に立とうとして行動した結果、誰かから傷つけられたり、誰の役にも立てないと感じることによって自分が傷つくことを恐れているのです。

傷つくのが怖いから傷つかないように行動しない、行動しないからそれはそれで誰の役にも立てていないと感じてしまう。

自分が誰かの役に立つ行動のできない、価値のない人間なのであれば、せめて他の人よりも不遇な人間だと示すことによって誰かに自分の価値を見出してもらおう。

だから、あなたは誰かの役に立とうとしない、つまり、働きたくないと思うのです。

 

働きたいと感じることは誰かの役に立つことができるかどうかで生まれるものはありません。

働きたいと感じることは誰かの役に立てているという意識を持つことなのです。

役に立つことは生きているだけで実現しているのです。

それでも役に立てていないと感じてしまうのは、「もっと役に立ちたいけど、失敗したりミスをすれば深く傷つくだろう、そうして傷つくくらいなら行動しないで今の状態を維持していた方が傷つかないで役に立つ方法が見つかる可能性があるかもしれない」

という可能性に生きる人生を歩んでしまっているからです。

 

可能性の中だけで満足してるから行動できない。

行動するということはその結果、傷ついても構わないという気持ちを持つことなのです。

 

行動することにも、働くことにも、生きることにもすべてにこの考え方が当てはまります。

「今の職よりもいい職に就けなくて傷つくのが怖いから転職しない」

「試験に合格できなくて傷つくのが怖いから勉強しない」

「意見を言いたいけど嫌われて傷つくのが怖いから言わない」

「やりたいことやりたいけど失敗して傷つくのが怖いからやらない」

行動するのが怖いなら、怖くないところから始めればいいだけです。

それでも行動しないのなら、変わりたいのではなく、傷つくくらいなら変わらないと自分で決めているのです。

行動したいなら自分にできることを知ればいいでしょう。

 

働くことの目的は「誰かに対して自分ができることをする」です。

その目的を支える意識は「自分は誰かに生かされている、そして同時に誰かを生かしている。自分はその誰かに対して何ができるのだろう」です。

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YKYK0I9A1197_TP_V.jpg

 

就活で一番最初にすべきことは働くとは何かを意識することなんです。

 

この意識を持つことができたのも以下に紹介する本のおかげです。

ぜひ、みなさんも読んでみてください。

   

          

   

 

今回はここまでにします。

読んでくださってありがとうございました。

それでは。

 

公務員を志望する理由

公務員になりたいと思ったのはなぜでしょうか。

 

安定しているから?

民間企業だと社会の競争に晒されてしまうのが嫌だから?

 

みんなが公務員がいいって言っているから?

 

公務員といっても仕事内容や働き方は様々です。

国家公務員と地方公務員によっても違いがあるし、行政系や技術系、公安系などにも分かれます。

 

公務員試験は併願できますし、多くの場合は国家公務員や地方公務員を併願します。

民間企業との両立をしている方もいますが、かなり多忙になり準備もおろそかになる恐れがあるので避けられる傾向にあります。

 

ここに公務員の志望動機が曖昧になってしまう原因があるのです。

 

よく「国民のために仕事がしたい」という志望理由を聞くのですが、具体的にどう貢献していきたいのかという質問には言葉を詰まらせてしまうことが珍しくありません。

 

それもそのはず。

 

なぜなら、志望動機を決めるのは試験の受験先に決めてから考えることが多いからです。

併願先は限られているのでどうしても明確な志望理由がないところも受けなければならない必然性があるのです。

よって最悪の場合、志望理由が自分の希望とあっていないことも考えられるのです。

 

志望理由を考える際にはその志望先がどんな仕事をするのか知らなければなりません。

 

そうなると業界研究をするわけです。

業界研究をしたら今度は自分がその業界にどう貢献していけるのかという自己分析をしなくてはなりません。

 

すると実は公務員よりも民間の業界の方が向いていたなんてことも起きてしまうのです。

 

こんな風に公務員志望の方が安易に公務員を志望してしまったがために後悔していることが少なくありません。

企業と人材のミスマッチが起きるのも想像がつくでしょう。

 

「就活で後悔していること」第1位が自己分析になるのもこういったことが原因なのではないのでしょうか。

 

希望した職につくにはまず、自己分析が欠かせません。

 

自己分析は就活サイトで無料で行えるのでどんどん活用していきましょう。

 

自己分析には終わりがありません。

 

就活が始まってからでは時間がないので余裕を持って取り組む必要があります。

時間がなければある程度のところでメドをつけましょう。

 

自己分析が終われば次は業界分析、企業分析に移っていきます。

こうしてはじめて志望動機へと結びついていくのです。

 

いかがでしたか?

 

もちろん志望動機を後付けすることが必ずしもいけないとは言いませんが、仕事についてから後悔するということがないようにするためにもしっかり自己分析から就活を始めましょう。

 

それから業界分析、企業分析をしても遅くはありません。

むしろ自己分析をしっかりした方が就活ははかどりますし、志望理由も根拠の強いものにすることができます。

おのずと結果もついてくることでしょう。

 

今後何十年の生き方にも関わってくるので、自分のことは自分でわかっているくらいのことはするべきです。

 

くれぐれも多くの先輩たちがしたような後悔はしないようにしてください。

 

今回も読んでくださってありがとうございました。

それでは。

 

公務員試験に専念

テストも終わり、春休みに入って1週間。

 

長期休みを満喫しようとバイトや帰省、旅行に資格勉強など人それぞれで過ごし方の計画は色々です。

 

しかし、大学3年、院1年生は就活に向けて本格的に動き出す時期ではないでしょうか。

 

バイトや試験で就活準備をしていなかった人もさすがに準備しないとまずいと思い始めていますよね。

 

私もその一人です汗

 

公務員試験で攻めるという戦略

私は公務員試験を中心に活動していくので、受ける場所は6、7個ですかね。

 

併願できる場所が限られているので交通費があまりかからないと言われる公務員ですが、私の場合、地方から関東の方に行こうと思っているのでどうしても交通費は高くなってしまいます泣

 

公務員の併願としてお決まりのものは国家総合職(4/30)、特別区(5/7)、裁判所職員(5/14)、国家専門職(6/11)、国家一般職(6/18)、地方上級(6/25)、市役所B日程(7月中旬)、国立大学法人(8月中旬)、市役所C日程(9月中旬)といったところが挙げられます。

 

前半で合格できれば、後半は受けなくてもいいので地方上級までで終わらせたいところです。

 

また、国家総合職は警視庁に置き換える方が合格率は高いです。

 

さらに5/15には北海道職員があるので、裁判所の代わりに受けるのもいいでしょう。

 

国会専門職は倍率が低く、採用数も近年増加傾向にある国税専門官が狙い目なので、ほぼ決まりです。

 

国家一般職も採用数が多い関東・甲信越で受けるのが無難ですね。

 

地方上級ですが、愛知県名古屋市は行政一般の他に法律、経済という区分があり、それぞれ倍率が5倍、3倍といった水準で安定しているのでここが狙い目ですね。

 

時間がないのでこういった倍率の低いところを狙っていくことにします。

 

市役所B日程やC日程は非常に数が多く、分析に時間がかかるためまずは希望の自治体にしぼって条件のいいところに決めていきたいと思います。

 

今回は公務員試験の受験先についてざっくりと紹介して終わりにします。

また新しい情報が入り次第、書き込んでいくので宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

久しぶりですな

 

前回の記事からだいぶ間が空いてしまった。

 

というのもバイトとテストで忙しかったんですよ泣

 

そんな忙しさもひと段落し、いよいよ就活が本格化してくる時期になりました。

 

翻訳家を目指している私としましては、一旦就職してから翻訳家を目指すのか、それともいきなり翻訳家として活動していくのかといった方向性を決めなければいけないわけですが、翻訳家の実態としてはやはり一度どこかに就職するのが無難でしょう。

 

翻訳家になるのはそれからでも遅くありません。

 

むしろどこかに就職して専門的な知識を身につけることは翻訳家にとって重要な足がかりになります。

 

就職先の候補としましては、商社や貿易会社などが考えられますが、なんせ大学で専攻しているのが言語学なもんで笑

 

高学歴でもなければ、英語力が飛び抜けていいわけでもない人間がいきなり翻訳家になるのはともかくとして、商社や貿易会社に内定もらえるわけないよな泣

 

なんでとりあえず、公務員になって翻訳家の勉強を独学で行う道を考えています。

ひとくちに公務員といっても色々な仕事がありますが、専門性の高いところに就きたいですね。

 

具体的にどこを受けるかははっきりしていませんので、これからしっかり考えていきます。

 

今までバイトで時間が取れなかった分、就活に全力を注いでいかなくては汗

今後の動向については追って書き込んでいきますね。

 

それでは。

なんで今まで安定した生活なんて求めてたんだろ

将来何になりたいわけでもないので公務員にでもなって安定した生活を送るのがいいな、と思っていました。

 

でも、そんな生活別にもう手に入っているんですよ。

 

職につければ、最悪生活保護をもらえば死ぬことはないし、十分安定しているんです。

 

よく考えれば日本は憲法で健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を保障されているんですよね。

 

だから心配する必要はない笑

 

あとは夢を追って生きて、それがかなえられれば最高って感じですよ笑

 

翻訳家になるのもちゃんと時間をかければなれると思います。

 

焦らずにバイトのかたわら翻訳学校にでも通おうかな笑

 

ということでじっくり翻訳家への道を書き込んでいこうと思います。

 

独学じゃ翻訳家にはなれないのか

翻訳家になりたいけど、お金がないから独学で挑戦したい。

 

フリーの翻訳家を志してみたが、早くも独学に対する不安が募ってきました。

 

こんなことは独学あるあるなので、結果的に遠回りになるとしても基本的には行動あるのみなんですけどね。

 

わかっちゃいるけど突き進み方がわからん、

TOEICの勉強をするってこないだ言ったけど、翻訳の勉強とは別物だからなぁ。

 

フリーの翻訳家は仕事を安定してもらえるようになるまでは時間とお金がかかるから

やっぱり資金準備しないとダメなのかね泣

 

本当によくわからん、情報弱者は情報に頼れない分実力勝負しかないのか。

 

本屋の書籍じゃ、ネットに書いてあるようなことと同じで具体的な方法が結局わかんないんだよなぁ。

 

誰か情報ください、本当に泣